コピー機部長のブログ

コピー機部長のブログ 2020年06月号記事

      2020年06月号 『キヤノン ネットワークカメラ「VB-M40」でインテリジェンス機能を設定してみました

こんにちは。

名古屋本社に東海地区のオフィスで働く皆様の
お仕事を楽にすることをモットーに
事業を展開しているタクテックスのコピー機部長です。

今月は前月に紹介した、キヤノンのネットワークカメラの
「マスキング機能」に引き続き、

(前月号『キヤノン ネットワークカメラ「VB-M40」で
マスキング機能を設定してみました』はこちら)
       ↓ ↓ ↓

もう1つの便利な機能である
「インテリジェンス機能」
についてご紹介させて頂きます。

このインテリジェンス機能は、
キヤノンの画像分析(差分解析)技術を利用して、
4つの検知ができます。

「動体検知」   (設定しているエリアを何かが通過した場合)
「置き去り検知」 (設定しているエリアに何かが放置された場合)
「持ち去り検知」 (設定しているエリアから特定のモノが持ち去られた場合)
「いたずら検知」 (カメラが撮影できないようにレンズ前に何かが置かれた場合)

検知された場合には、

スピーカーが接続できるタイプのカメラなら
予め登録してある「音やメッセージ」で
警告や案内を発したり、
検知した旨のお知らせを「メール」で
案内することができます。

今回は一連の設定や検知の流れを
簡単にお知らせしします。

052200.jpg
先月に引き続きキヤノンVB-M40を利用します。

設定はこちらのトップ画面から行うことができます。

00.jpg

こちらの「管理ツール」から入り「インテリジェンス機能」へ。

00A.jpg

そうすると現在カメラが撮影している映像と、インテリジェンス機能を
設定をする画面が展開されます。

インテリジェンス機能は、設定画面から
主に下記の設定を行うだけで利用することができます。

1)どのような検知を行うのか?
2)カメラ映像のどこの領域にその検知を設定するのか?
3)検知したらどうするのか?

まずは1)検知の種類です。

00B.jpg

今回は「持ち去り検知」を選択します。

次は、2)検知領域の設定です。

01.jpg
(持ち去り検知を設定中。机の上の中央の箱を感知エリアに設定中)

カメラの映像の中に、検知したい領域を設定。
今回は机の中央部にある箱の持ち去りを検知したいので
薄い黄色の四角のエリアに、検知領域を設定します。

02.jpg
(机中央の箱を右側へ移動させると、色が濃い黄色になって
  「持ち去り」が検知されました。)

3)検知した後のアクション

03.jpg
(検知した後のイベントの設定画面)

カメラにスピーカーがつけられるものであれば
予め設定している音声データを使って、
検知した場合に警告音やメッセージの再生を流したり、
予め登録してあるメールアドレスにメールを配信することが可能です。

今回はインテリジェンス機能のうち、「持ち去り検知」を
ご紹介しましたが、タクテックスのHPにも、それ以外の
インテリジェンス機能の動画(キヤノン様ご提供)が
掲載してありますので、興味のある方は是非ご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
(下部、左側に掲載してあります。)

ネットワークカメラに関して
ご質問・お問合せがございましたら
下記までご連絡ください。

【お問合せ】

タクテックス株式会社
オフィスソリューション事業部
ICT営業部1課
電話:052-461-9811


       <<先月                                                 次月>>

 

     
     

ネットワークカメラの導入事例

株式会社荒川印刷 様

  株式会社荒川印刷 様

西部保育園 様

  西部保育園 様

東海機工株式会社 様

  東海機工株式会社 様

中日本航空株式会社 様

  中日本航空株式会社 様

タクテックスの導入事例
  タクテックス株式会社
弊社で設置したネットワーク
  カメラの取り付けの様子を掲載
  しています。

 
 
タクテックス岐阜テクニカルセンターに設置のネットワークカメラの導入事例がキヤノンの事例サイトで紹介されています。  キヤノン事例サイト >>