コピー機部長のブログ

コピー機部長のブログ 2020年03月号記事

      2020年03月号 『カメラを使ったビデオ会議システムで社内会議をしてみました

こんにちは。

名古屋を本社にIPカメラ・ネットワークカメラの構築を行っている
タクテックスのコピー機部長です。

今回は、新型コロナウィルス対策で、半年に1度、弊社で行っている
事業部別の営業会議を、カメラを使ったビデオ会議システムで行った
事例をご紹介します。

通常ですと事業部の全社員を対象に、1か所に集まって1日がかりで
行う大きな会議なのですが、今回はコロナ対策ということで、
本社は課長級以上の社員のみ、期間は1日→半日に、
拠点(九州支店及び関東支店)は本社に来るのではなく
ビデオ会議システムでの参加という縮小した形式で行いました。

今回使ったビデオ会議システムはこちらです。

031902.jpg
(Polycom Group500=最大5拠点接続・専用WEBカメラ付属)

Polycom(ポリコム)社のビデオ会議システムです。

「WEB会議」と「ビデオ会議」の厳密な定義はないようですが、

WEB会議は、

パソコンのカメラとマイクをベースに、社外や一般の方とも広く接続
することができるオープンなシステム。


ビデオ会議は、

専用の機器(カメラ・マイク・映像/通信機器・モニター)を使って、
基本的には社内での会議を前提に作られたクローズドなシステム。

ということもできるようです。

最近では、どちらもインターネット回線を利用することが殆どです。

動画のために専用回線を確保する必要があった時代とは違って、
一般のパソコンをはじめとする各汎用機材の性能向上、
一般通信回線の大容量・高速対応で最近では、
「ビデオ会議システム」でなくとも十分実用に耐えうる
「WEB会議システム」が世に出回っていて、一体どの
システムを選択してよいか迷うほどですね。


031901.jpg
(Group500ですと、画面は最大6分割まで可能、分割レイアウト選択可)

でも、やっぱり高性能な画質・音声を安定的に確保して、
ストレスなく会議を開催したいのなら専用機器を用いる
「ビデオ会議システム」をオススメします。

パソコン画面を共有しつつ、それぞれが、それぞれの拠点の映像を
見ながらの会議開催となりました。
(拠点では、Group310を使用しました。)

031903.jpg
(ポリコム社の高性能マイクSiren22)

ポリコム社のビデオ会議システムの最大の特徴は、他社競合メーカーと
比較して、その音声品質が優れているとされているようです。

正直、S社やC社のものと聞き比べたことはないのですが、
マイク性能だけで比較しても、他社が最大集音エリア半径3mが一般的
なのに対して、ポリコム社はなんと半径6m!

さらにエアコンやファンなどのノイズを自動除去してクリアな
音声を確保したり、マイクから遠い話者や小声については、
自動的に増幅してくれるので大声で話す必要がありません!
(マイクは会場の規模に応じて増設も可能です)

比べてはいけないと思いますが、無料のSkype(スカイプ)の
通信システムとは通信の安定性・音声品質ともに明らかに違いました。

画質を左右する要因、カメラ性能・画像圧縮技術・モニター/プロジェクター性能
のうち、ポリコム社が用意する専用機器は、カメラ・画像圧縮技術ですが、
こちらに関しても、カクカクしたりすることもなく非常にスムーズ・かつ綺麗な
映像で会議を行うことができました。

今回は専用カメラが付属するポリコム社のビデオ(WEB)会議システムを
ご紹介しましたが、一般的なWEBカメラを使ったWEB会議システムについても
弊社では対応可能です。

ビデオ会議システム・WEB会議システムをご検討の際には、
是非お声掛けください。

【お問合先】
 タクテックス株式会社
 オフィスソリューション事業部
 ICT営業部 営業一課
 ビデオ会議システム担当まで
 電話:052-461-9811

     

       <<先月                                                 次月>>

 

     
     

ネットワークカメラの導入事例

株式会社荒川印刷 様

  株式会社荒川印刷 様

西部保育園 様

  西部保育園 様

東海機工株式会社 様

  東海機工株式会社 様

中日本航空株式会社 様

  中日本航空株式会社 様

タクテックスの導入事例
  タクテックス株式会社
弊社で設置したネットワーク
  カメラの取り付けの様子を掲載
  しています。

 
 
タクテックス岐阜テクニカルセンターに設置のネットワークカメラの導入事例がキヤノンの事例サイトで紹介されています。  キヤノン事例サイト >>